WELCOME!! ROCK&SPEED  Motor Cycle Shop
 Let's go cruising yokohama with cool bike!! We are MOTOR CYCLE JUNKY!! 

MC FUNNY YOKOHAMA


スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


XLR250BAJA デコンプ シール交換の苦悩

WORKS REPAIR ] 2011/02/07(月)

ホンダ XLR250BAJA オイル漏れ修理のお話!

エンジンへッドカバーのオートデコンプ リフターシャフト部からのオイル漏れ
たかが250円のオイルシール交換なのですが・・・

BAJA 修理
矢印のやつが原因で漏れており、これの交換する訳ですが
交換するには左に移るシャフトを抜かなければ出来ませんね

実は画像は最後に撮ったもので、ここまでに色々と・・・

まぁそれが今回のネタであって簡単にはずれるなら
わざわざブログに書きませんw

はい、このシャフトには抜け止めにピンがささっており
そのピンを取らないと抜けません

そのピンが今回のくせ者! メンドクセー奴! F○CK!

まず外からそのピンはどこにも見当たりません
ってことはエンジンの中から刺さっているのです!
そうです ヘッドカバーを開けなければ出来ないのです!
ここに見える250円のオイルシールを交換するのにです!
カンベンしてけろ!(俺&お客様)

それだけならまだネタにしません!続きが!

シート、タンク外してエンジンハンガー外して
ヘッドカバーのボルトを緩めていきます
嫌な予感。。。

このBAJAはすでに20年以上物の
走行48000キロオーバーでおそらく始めてのご開帳

やたら硬くてなかなか手ごわし。。。
そのうちのボルト2本が ニュル・・・・・・あ
完全にねじ山カジッテル感触
少し動きましたが止まってしまいました
ちょうどエキゾーストポート上の2本一番熱のかかる場所

「これ、ねじ山終了決定ANDボルト折れるかも どうする?」

ってか今更やめる訳にはいかないけど・・・

お客様に同意のもと強行決定!

更にトルクを掛けていきますがM6のボルトがねじれている感触が
伝わってきます あ あ あ あ  「ポキっ・・・」 逝った
折れるバージョンでした
続けて次も「ポキっ・・・」こちらも折れるバージョン

場所的にこのままねじ山修理不可能
ここでヘッドまで外し決定
250円取り替えるだけなのに・・・


とりあえずヘッドカバーは外せましたってことで
気を取り直して抜け止めのピンを抜いていきましょう
どうやら刺さっているだけですが 
狭い!工具が入らない
W/Pプライヤーのコブラでなんとかつかんで引っ張ります

抜けません!圧入の模様
バイスプライヤーでつかみ頭使って
叩いたり色々試してみたけど抜けません
バーナーであぶってみましたが抜けません

F○CK!!

これどうやって抜くのですか?ググッテ見ましたが出てきません
困った・・・

続きは↓↓↓からご覧下さい!








便利で豊富なNETの情報網にも見放されてしまったわけです・・・

勉強の出来なかったFUNNY少年でしたが
メカニック暦は18年?!好きがこうじてお店開店した訳です

出来ませんは通用しません(こんな大げさな事でもないですがw)

で頭フル回転して考えました!
そのときの私の頭の中のつぶやきを書いてみました
こんなこと考えてやっているんですよw

突き出た丸い鉄のピンを確実に捕まえたい→何かをガッチリ溶接する
ねじ山があると便利!M8のボルト?いやスタッドボルト?
スタッドなら長ナットでつなげるしベアリングプーラーで
引っ張れるかも!よし
でも狭くてトーチが一部しか入らいから少しの部分しか溶接できない
まっすぐつけれるか?ちゃんとつかなかったら
→取れちゃうOR折れちゃう?強度が足りないか・・・
失敗したら軌道修正無理かも=最悪の場合ヘッド終了とか・・・それヤバ
確実に引き抜ける強度必要→筒状にかぶせ割りを入れ溶接面積を稼ぐ
何かいいの無いか?中空のスタッドボルト→そんなのねーよ(ガラクタあさる)
ん!これどうよ!見つけたのはクラッチケーブルのはじのアジャスター
長さ50 M8-1.25ネジで中空、端っこ切り落とせばスタッド状態
内径ピンサイズ(少しキツイくらい)に広げる。
薄刃のサンダーで片側に割を入れる、トーチの入る位置に向け
叩き込めばピンに対しまっすぐ固定でき溶接可能!

これで行けるべ!!

こんなのなんで書いたのかって
夢中になっていたので例の如く画像撮ってないからなんですけどw

ってことで実作業です

BAJA 修理
その加工したクラッチケーブルのアジャスター部を溶接したところです


これを

BAJA 修理
こんな感じでベアリングプーラーにSET

でひっぱり

BAJA 修理 

抜けましたー!!!!!

でここに来るわけです

BAJA 修理 


長々つまらないお話で申し訳ありませんでした
まぁこんなことしてましたが普通はどうなんでしょうね?
なんかいい方法でもあるのでしょうか?
ホンダのメカの方とか知っている方おられましたら是非教えてください!
たかが250円のシール交換でいつもこれじゃ参りますよね

じゃ今日はこの辺で!


スポンサーサイト
14:14 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://mcfunny.blog103.fc2.com/tb.php/221-237d810d

コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

PROFILE

profile_image

NAME : MC★FUNNY

〒220-0051
神奈川県横浜市西区中央1-40-5
グリフィン横浜1F
TEL/FAX 045-900-5677
MAIL mcfunny0223@u01.gate01.com
AM10:00~PM8:00(SUN PM7:00)
火曜日定休

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

T B

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。